AdobeStock_210113313.jpeg

ご利用の流れ

1

<各市町村に介護認定の申請>

要介護認定申請書に記入のうえ、各市町村の担当窓口に申請します。

2

<要介護・要支援の認定>

申請後、30日以内に郵送で被保険者証が通知されます。被保険者証に要介護度が記載されています。

3

<サービスの依頼>

ご利用者様・ご家族、居宅介護支援事業所または地域包括支援センターから当事業所に依頼があります。

4

<お宅訪問>

サービス提供責任者がご利用者様のお宅を訪問します。依頼内容に基づき、サービスの内容や当事業所の説明をさせていただきます。同意をいただきましたら契約を行います。

5

<サービス担当者会議の開催>

居宅介護支援専門員と関係事業者がご利用者様宅に集まり、サービス計画について会議を開催します。当事業所が行うサービス内容を訪問介護計画として作成し、ご利用者様へ説明し同意を得ます。

6

<サービス開始>

初回のサービス提供は、サービス提供責任者と担当のヘルパーがお宅を訪問します。ホームヘルパーは訪問介護計画書に沿ってサービスの提供を行います。

7

<定期訪問>

サービス提供責任者が定期的にお宅に訪問し、サービス内容・ご利用状況についてのご意見・満足度等をお伺いし、サービスの質の向上に努めます。